2018年4月 大分県中津市土砂災害

2018年4月11日(水)一級河川山国川右支川金吉川沿いで幅約200m、長さ約240mにわたり土砂崩れが発生しました。家屋4軒が全壊し、死亡・行方不明の被害も出ています。(国土交通省災害情報より)

2018年4月12日 航空レーザー計測

パスコは被災状況の把握を目的に航空レーザー計測を実施し、被災地を含む約4kmの区間にわたり3次元のデータ作成しました。

航空レーザー計測結果を基に作成した微地形解析図

4月11日に発生した崩壊地を含む、金吉川から並石川にかけての延長約4kmの区間にわたり航空レーザー計測を実施しました。
崩壊発生地(赤枠内)は溶結凝灰岩の急崖が連続する大地の緑辺部に位置し、急崖直下により崩壊が発生していると思われます。

 

拡大図

上図赤枠内の拡大図です。(図の中心が崩落箇所)

2018年4月12日 航空写真

垂直写真

航空レーザー計測と同時に撮影した崩壊地上空からの垂直写真
(大分県中津市耶馬渓町大字金吉付近)

 

斜め写真

442038-180412-01 442038-180412-02 442038-180412-03
 
442038-180412-04 442038-180412-05  

情報掲載履歴

一回掲載日:2018年4月17日(火)

被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。
弊社では災害状況の的確な把握と被災地の復旧に、空間情報の処理および解析技術と防災コンサルティング技術がお役に立てるよう、より一層努力してまいります。

※ ここに掲載している写真その他の無断、転用・複写を禁じます。

【 著作権について 】
災害緊急撮影ページ(以下、当ページ)に記載されている文書の著作権は、弊社に帰属します。
当ページに記載されている情報(文書及び画像)を転用・複写する場合は、下記問い合わせ先までご連絡ください。

【 免責事項について 】
当ページの制作にあたっては、正確な情報の記載に努めておりますが、弊社は、当ページに記載された情報の完全性・正確性について保証するものではありません。
弊社は、当ページに含まれる情報もしくは内容を利用することで利用者に直接・間接的に生じた損害について責任を負うものではありません。
当ページに掲載されている情報が明らかに事実と異なる場合は、訂正いたしますので、お手数ですが下記の問合せ先までご連絡ください。

【 お問合せ先 】
株式会社パスコ 広報部
e-mail:biz-info@pasco.co.jp
TEL:03-6412-2800

前へ

2018年3月 霧島山系・新燃岳 火山活動モニタリング

次へ

2018年7月 豪雨災害