2014年8月 広島県広島市豪雨災害

8月19日から20日にかけて、前線の影響で中国地方や九州北部地方を中心に局地的に猛烈な豪雨となり、各地で多くの被害をもたらしました。
中でも、広島県広島市では1時間降水量が101mm(気象庁発表)と観測史上最大の降雨を記録し、土砂災害や河川の増水による甚大な被害が発生しました。

2014年8月20日撮影 斜め写真 (固定翼にて撮影)

広島県 広島市

広島県広島市安佐南区緑井町および八木町 複数の谷で土石流が発生し、土砂はJR可部線まで到達している。 広島県広島市安佐南区八木町 複数の谷で土石流が発生し、土砂が市街地に氾濫堆積している。土石流が発生した渓流では沢沿いに流水が確認できる。 広島県広島市安佐南区八木町八木地区 太田川橋、新太田川橋付近及び太田川発電所を直撃した土石流発生状況。平坦な河川敷では、土石流が舌状に堆積物している。
341002-140820-01 341002-140820-02 341002-140820-03
広島県広島市安佐北区可部町大字上原地区 山腹斜面で発生した土石流の発生から流下堆積状況。 広島県広島市安佐北区可部町大字可部東地区 根谷川左岸側の斜面で発生した土石流。平坦面に流出した土石流は、谷出口を中心に円弧状に堆積し流木も一部確認できる。 広島県広島市安佐北区可部町大字三入南地区 可部町3丁目付近における根谷川の氾濫と、左岸側で発生した土石流の状況。
341002-140820-04 341002-140820-05 341002-140820-06

情報掲載履歴

第1回掲載日:2014年8月20日(水)

災害発生に伴い、お客様や周辺地域の被災状況の把握、および関係各団体への情報提供の観点から、2次災害を回避できる天候を待って直ちに株式会社パスコと国際航業株式会社は共同で航空写真撮影を実施いたしました。

被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。
弊社では災害状況の的確な把握と被災地の復旧に、空間情報の処理および解析技術と防災コンサルティング技術がお役に立てるよう、より一層努力してまいります。

<撮影 株式会社パスコ・国際航業株式会社>
※ ここに掲載している写真その他の無断、転用・複写を禁じます。

【 著作権について 】
災害緊急撮影ページ(以下、当ページ)に記載されている文書の著作権は、弊社に帰属します。
当ページで使用している航空写真の著作権は、弊社および国際航業株式会社に帰属します。
当ページに記載されている情報(文書及び画像)を転用・複写する場合は、下記問い合わせ先までご連絡ください。

【 免責事項について 】
当ページの制作にあたっては、正確な情報の記載に努めておりますが、弊社は、当ページに記載された情報の完全性・正確性について保証するものではありません。
弊社は、当ページに含まれる情報もしくは内容を利用することで利用者に直接・間接的に生じた損害について責任を負うものではありません。
当ページに掲載されている情報が明らかに事実と異なる場合は、訂正いたしますので、お手数ですが下記の問合せ先までご連絡ください。

【 お問合せ先 】
株式会社パスコ 広報部
e-mail:biz-info@pasco.co.jp
TEL:03-6412-2800

前へ

2011年3月 平成23年(2011年)東日本大震災に関する情報

次へ

2016年4月 平成28年熊本地震災害